幽白って本当にいいですね(4/9のモジログ)

f:id:kouji_kado:20210410011106p:image

 

・今日もあったことやなかったことを書くぞ!

 

【幽白】おじさん大はしゃぎの幽☆遊☆白書カルトクイズ大会!! - YouTube

 

・オモコロチャンネルの幽白カルトクイズ、ものすごくよかった。最高。

 

ポロロッカのくだりなんて凄すぎた。早押しクイズに切り替わったことで問題を読み取る能力、すごすぎる。この問題、海藤のことかなり好きだからうれしいな。

 

・序盤、領域あたりの話が多くて興奮した。四次元屋敷のあたりが一番好きだから。「さらに強い敵」の概念を戦いの尺度を変えることで表すってすごくないですか……。

 

・私がオモコロの永田さんを好きになったきっかけは、桑原のポーズをしているからだった(桑原のポーズをする人に悪い人はいないので)

 

・変な経路でものを好きになることが多い。槇原敬之のアルバムを聴くきっかけがヒルナンデスの主題歌がいい曲で気になったからなのだけど、その話をしたら「そんな奴はほかにいない」と言われたことがある。ランチタイムウォーズ、いい曲だよ。

 

・それより幽白の話をしよう。私がはじめて幽白を読んだのは文字が読めるようになってすぐくらいで、ポルノは知らないしキャベツ畑とコウノトリも分からないから何もかもがちんぷんかんぷんだった。

なんとなく、戦っててかっこいいな〜とかそのくらいの感じ。たぶん今鬼滅に騒いでる子供も同じノリだと思う。

 

・初めて読んだ漫画が幽白で、その後アニメも見た。それも幼稚園から低学年くらいの頃だったと思う。蔵馬と飛影はかっこいいから、将来一緒に住もうと思っていた。三階建ての家を建ててワンフロアずつ使う計画の絵を描いていた気がする。その間取りで同居する意味はあるのか?

 

・その後本格的にハマったのは小6〜中学生にかけてだ。朝の時間帯にアニメの再放送が始まって、毎朝微笑みの爆弾を聴いてから学校に向かっていた。自分用のビデオが一本しかなかったから、それに何回も上書きして録画を続けていた。画質がガビガビに荒れていってた覚えがある。

 

・その時巷ではリボーンが流行っていて、「骸」の声が聞こえたらワンチャン幽白かもしれないと思って話を聞きにいっていた。「躯」の話だったことはない。

 

・その頃BOOKOFFかどこかで幽白の絵が書いてあるCD(箱も何もついていない)が投げ売られているのをたまたま見つけて、「キャラソン」という文化を知った。主題歌のCDとかかと思って買って帰ったら飛影が歌い出したからびっくりした。

 

・幽白に限らず、あの頃のアニメってキャラソンとかドラマCDなら何してもいいみたいなのありませんでした? ラッキーマンのキャラソンもかなりよかったんだよな、、

 

・戸愚呂のキャラソンが好きだった。めちゃ低音で「お前を今夜葬ろう」みたいな歌詞のやつ。

 

・飛影と蔵馬の曲はたぶんまだ歌えるな。「絶望など葬って!」……葬る率高くないですか?

 

・アニソンCDの中でガチでいいのは、田中真弓(コエンマ)カバーのデイドリームジェネレーション。これはマジ。

 

・無限に書けるな……まだ本編にかすることひとつも言ってないのに1000字超えちゃった。。

普通に眠いから寝ます。幽白の話は今度改めてしよう。

 

おやすみなさい