ドラゴン桜の再放送による懐古、感傷(4/20のモジログ)

f:id:kouji_kado:20210421023331p:image

今日も書いてこ〜

 

・体調がよくない一日だった。というか、ここ最近やり過ごしていたのが一気に来た感じがする。疲れが出る時期ですね

 

・最近、夜中にドラゴン桜の再放送がある。また新しいのをやるらしい。ふーんと思って付けっぱなしにしてたら主題歌が流れて、当時の記憶……までいかない感覚?みたいなのがフラッシュバックした

 

・こわ〜。音楽って記憶と連動してますよね。終わりの時期にハマってた曲とか今聴きたくないもんな

 

・当時はMDを持ってたな。親に頼んで作ってもらったテープを後生大事に聴き続けてた

 

ドラゴン桜の放送は2005年で、当時の自分は小5だったらしい。小5って……。小5の人間の連続した先に大人がいるの、全然理解できねぇ……。

 

・2005年のドラマ、他にもタイガー&ドラゴン、ごくせん、花より男子野ブタをプロデュース……と懐かしみが深い。バラエティだとエンタの神様トリビアの泉が流行っていたらしい。あ〜!!

 

トリビア→水10→ミラクルタイプの流れめちゃ楽しみだったな。小5の人間にとって23時までテレビを見るのはギリギリの行為だった(親の機嫌によってはド怒られる)からハラハラしながら起きてた覚えがある

 

・2005年、ドラえもんの声優が一新された年らしい。もう16年前。そんだけやっててもまだ「新しいほうのジャイアン」みたいな注釈がつくのすごいな

 

・当時オレンジレンジが異様に流行っていて、教室内のカーストを決める「走りが早い」「スポーツを習っている」などの中に「ラップが上手い」というのがあった。ラップが上手い男子はかっこいい、みんなで歌うときに難しい場所を任される奴はすごい。みたいな。

 

・今考えれば教室の中でいきなり複数人で歌い出すのはまとめてヤバい奴らだと思うけど、当時の認識ではイケてる奴だったんだよな……なんだったんだ?

 

・小5まではどっちかというと社交的で流行り物が好きなタイプだった。小6くらいからネットとか漫画にハマり始めて、中学生から本格的に人格が"終わり"になっていった

 

・と自分の認識の中では思ってたけど、元々根暗で変なやつではあったな……と最近は思う。オタクという形に落ち着いたのがそのくらいだっただけかも

 

・当時は(自分がいた環境はとくに)うっすらヤンキーが多くて、流行りのドラマ見て曲聴いて……みたいな人が多かったから、なんとなくそこに乗っかってただけだったんだと思う

 

・今は逆にうっすらオタクが多い環境だから、なんとなくアニメ見てソシャゲしてる人も多いんじゃないかな。環境由来でどっちにも転ぶ人が大半な気がする

 

・人間を作るのは環境だな〜と思うことが多い。多いけど、環境をどれだけ整えても(整えなくても)絶対に変わらない部分もあるんだろうな、と思うことも増えた。

 

・自分の辿ってきた人生も「こうあればよかったのに」と思うことはあるけど、何かが違っても差し引き今とあんまり変わらん場所にいたんじゃないか?と思う。よくなるパターンの人生もあったんだろうか

 

・あ、眠いな。文章が朦朧としてきた

 

・そろそろ寝よう。寝ます。

 

おやすみなさい!

うっせぇわ(4/19のモジログ)

f:id:kouji_kado:20210420014936p:image

書きまーす

 

・ありとあらゆる場所で「うっせぇわ」が流れている。受動喫音だけでほぼフル聴いたことあるのすごいな。今日はDA PUMPが踊ってた。

 

・少し前はその枠に紅蓮華があった。あれもあらゆる場所にあったな……

 

・うっせぇわ、入りがかっこいいですね。「正しさとは愚かさとは それが何か見せつけてやる」なかなか言えねぇ

 

・「私が俗に言う天才です」って歌詞、適当に入った靴屋でスニーカー見てたら流れてきたんだけど思わず痺れちゃったね。かっこいい!と思って

 

・若さゆえの大言壮語みたいなの、言えなくなっちゃうと言えるのがかっこよく見えてくる。眩しい。

 

・それとは別で、世代が近い故に痺れたのが「かつて天才だった俺たちへ」で、あれもめちゃくちゃかっこよかった。

 

・「何者かになりたい」「自分はすごい」みたいなの、特にネットだと散々馬鹿にされ口に出すのも憚られることだと思ってたけど、(何者かになれた人が言ってるからというのはひとまず置いておいて)言ってもいいし何ならかっこいいぞ!という

 

・斜に構えてダメージ受けないように予防線張るの減らしていきたいな。強くなりてぇ

 

・アイシールドだと(アイシールドの話、まだします)、キッドは途中まで過剰な評価を嫌がるし自分で予防線張りまくるし願望は口に出さないんだけど、アメリカ戦では勝つってちゃんと言ってるんですよね……口に出せるのも強さだよ……

 

・セナも自分で「アイシールド21」を名乗れるようになって強くなったしな。背負う覚悟を持っての大口はかっこいい

 

・「あなたが思うより健康です」だったこと、ないな

 

・大体あんまり健康じゃないので……

 

・一番かっこいいかもな。人に思われているより健康であること。

 

・「休みの日ずっと家にいるの?恋人は?飲みに行ったりしないの?お酒もパチンコもやらないんだ?若いのに元気ないね〜」みたいなのに対するカウンターなのかな。別にイヤイヤじゃなく好きでこの調子なのですが。という

 

・最近自己認識を問う心理テストみたいなのに応える機会が何度かあったんだけど、自分についてあんまりわかってないから難しかった。わかっていないというか、問1に向かっている自分とそれに答えて問2に向かった自分の考えが同じであることが少ないというか

 

・そもそも、問題もよくない。「あなたは人に親切ですか?」と言われてもその時の自分の状態によるし、「ユーモアのセンスがありますか?」に「はい」って答えるやつはセンスないじゃん……

 

・似た質問の中で答えがブレるのは嘘つきらしいけど、質問に当たる自分の時系列ごとに考え方が違ったらダメなのか? 5分前は自分を親切だと言える自信があっても、今はないことだってあるじゃん……

 

・自我を突き付けないでくれ〜〜〜

 

・頭がめちゃくちゃになってきたので寝ます。はやくめちゃくちゃにならなくなりたいですね

 

おやすみなさい

癖になってんだ(4/18のモジログ)

f:id:kouji_kado:20210419000934p:image

書くぞ!

 

・昔、三文ライターをやっていた。一応会社に属していたけど、取材とかはほぼなくひたすらコタツ記事を書く仕事だ

 

・おかげでレギュレーションとか知ることができて書くこと自体も早くなったな〜と思うんだけど、それ以上に負の遺産が残っている

 

・手癖で書く文、すぐSEO記事みたいになる

 

・嫌すぎる。心からおすすめしたいものの記事をブログにしたくても、なんかアフィ臭い。違うのに!

 

・ライターもどきの仕事、会社に属してやったりランサーズ的なところで小銭稼ぎしたりで計3年くらいやってたんだけど、全然だめだったな。どんどんつまらなくなっていくのを体感してた

 

・レギュレーションに沿った構成と執筆は早くなるんだけど、そこにあるのは「面白」とか「読み手のため」とかじゃなく「指定の文字数に指定のキーワードを任意の数ずつ入れる」とかそういう、人間に向けてない、Googleを騙すための文章の書き方で、なまじそれで「文章を褒められる」みたいな事態が発生するから厄介だった

 

・うまいのかな〜自分!とか思ってたもんな。そういうことじゃないってわかったんだけど。。

 

・青汁のCMみたいに、関係ないところから自社サービスに引っ張る流れを作るのとかが上手くなっていってた。うまかったのか? でも、仕事で文章書けるのは嬉しかったな

 

・今は割り切って仕事は全然別のことにして趣味でブログ書いてるけど、どっちみち読まれないなら仕事でやってたほうがよかったのか? 全然わからん

 

・毎日日記を書くのは楽しい。めんどくせ〜と思うときもあるけど

 

・日記、その日に起きたことじゃなくて思ったこと書いてるから後から見返してもあんまりピンとこないな……

 

・毎日に起きていることがないからかもしれない。今日もあんまり何も起きていない

 

・ホームベーカリーの60分でパンが焼けるコースを使ってみたら、スコーンと食パンのハーフみたいなパンが生まれた。あったかい間に食べるとおいしかった。冷めたらどうだろうか。明日食べてみる

 

・今日はポトフをたくさん作ったので、明日は残りをカレーにします

 

・C1000タケダ、もうタケダじゃないんだって。最近知ってショックを受けたよ

 

・最近の定義が年々ガバガバになってて、一年間くらいは最近に含まれてる。下手したらもっとかも。

 

・そんな感じ。まだ寝ないけど今日はこのへんで。

 

おやすみなさい!

忘(4/17のモジログ)

f:id:kouji_kado:20210418014805p:image

普通に書くのを忘れていた。今から書きます

 

・日記を書くこともそうだけど、習慣づけるって難しい。基本つかない。

 

・今年の冬は、「決まった場所に上着をかける」を習慣づけることに成功した。これはすごい。

 

・元々、ダイニングの椅子に限界を超えて服を積み上げる悪癖があり、ずっとなんとかしようと思っていてできていなかった

 

・今冬は、まず服をかける場所を玄関の近くにした。今まで別の部屋にかけに行かなきゃいけなかったのを、廊下にハンガーラックを置いた。玄関入る→足元のゴミ箱にマスク捨てる→服を脱いでかける が部屋に入る前にできるようにした

 

・それに加えて、普段使わない椅子は片付けた。二人暮らしで四脚あったのを、二脚に減らす。座る椅子には置いても一時的だから、山になることはなくなった

 

・これ、システムが勝利した!と思う。例えば「毎日ハンガーにかけるように意識する」みたいな感情論では絶対に続いてなかった自信があるし

 

・ちゃんとできる人はナチュラルにちゃんとするんだろうけど、性根がダメ人間の場合はいかにシステム化するかが大事だ

 

・マスクのつけ忘れとゴミ箱に捨てないのを防ぐのも、鍵の横に箱を置く、玄関にゴミ箱を置くでなんとかしている(プラス、鞄に予備を入れている)。

 

・ストレートに生きてるだけでちゃんとできる人が羨ましいな。自分は人の形を保つだけで常人の数倍MPを消費している気がする

 

・花粉で炎症が起きてるのか何なのか、肌が激烈に荒れて目の周りが殴られたみたいになっている

 

・そうは言うけど、目の周りを殴られたことないから殴られた時にどんな顔になるのかはわからない。仕上がりは近いんだろうか

 

・最近BOSSのラテベースを牛乳で割って飲んでる。おいしい

f:id:kouji_kado:20210418020554j:image

 

・これ。牛乳たっぷりのラテが好きであんまり使わないから異常に保つ。コスパいい。味も好き

 

・二時過ぎちゃった。眠い 

 

 

もう寝ます。おやすみなさい

酒、無音、布団にて。(4/16のモジログ)

f:id:kouji_kado:20210417005403p:image

あーー今日はマジマジのマジに短めです

 

・普段飲まない酒を飲んだ。缶チューハイ半分くらい

 

・飲んだらめちゃくちゃ眠くなって寝落ちし、さっき起きた。寝ぼけて喉が渇いて残りの半分をぐびぐび飲んだ

 

・今絶賛気持ち悪い。あーーー。酔ったというより、胃が重くてお腹がギュルギュルする

 

・寝ぼけているときの判断力はゴミ。後悔しかない

 

自己啓発本に朝活したほうがいい、仕事は午前のほうが捗る……とか書かれているのを見るたび、寝て起きた人間にそんなことできるわけないだろうと思う

 

・あーー……眠さもすごい

 

・思えば今日、朝から通しであんまり体調よくなかった。なんでそれで酒を飲んだんだろう……全部の判断を誤っているな、、

 

・めちゃ後悔しながら布団に入りました。誰かすべてを赦してください

 

 

あーーーーもう寝ます

おやすみなさい

古びた団地をエモで消費する罪悪感

f:id:kouji_kado:20210416000458p:image

ここ数日思ったことを書きます。

明確な結論や意見があるわけじゃないです。

 

・高校生くらいの頃から古い集合団地が好きだった。同じ形の大きい建物が暮らしのために効率的に並べられているのはSFみたいだし、それが意義を果たしきれずに朽ち始めているのに哀愁を感じて、今でいう"エモい"という気持ちで写真を撮りに行ったりしていた。

 

・ここ数年は、人の生活にカメラを向けて消費するのは違うな……と思って写真は撮れずにいる。通りがかりにいいな、と思うことはあるし、自分の趣味を知っている人とその場で感想を共有することはあるけど、カメラは向けないし私有地には入らない。

 

・団地への憧れは、小学生の頃近所に大きな団地があり、そこに住んでいる子達が羨ましかったところから始まっている気がする

 

団地の子たちは、「今日は○ゴートー(今思えば号棟)のエレベーターホールで集合!」と言って、そこに集まっていた。たまに誘ってもらってもどこにあるか分からなくて(近くに同じような建物がたくさんある)、不思議なところに迷い込んだみたいな気持ちで連れて行ってもらっていた

 

団地のエレベーターホールは雰囲気が独特だった。閉塞的で足音が響く造りだった気がする。あれ、でもそれは非常階段だけだったかも。なんか人数が少なくてもやけに音が響いて怖かった覚えがあるんだよな

 

・当時はポストに明らかに18禁なアダルトチラシが投函されていたりして、それがエントランスに無造作に散らばっていた。ホール自体も光が入りづらい造りなのかちょっと薄暗くて、「大人の世界」みたいなイメージがあった

 

・エロいチラシ、慣れている同級生がクールに捨てようとするのをなんとか見てみたくて「うちで捨ててあげようか?」みたいな訳分からんことを言った覚えがある。マジで意味がわからん。普通に断られた

 

・それはどうでもいいや。そんなイメージから、昔から団地にはエモを感じていたんだと思う。そう言うと金持ちの上から目線か?と思われるかもしれないけど、その時自分は長屋に住んでいたから責めないでほしい

 

・壁のうっすい長屋に住んでいたけど、「うちって2階建だし金持ちなのかな」とマジで思っていた。

 

・今思うと、長屋住まいは本当にalways〜3丁目の夕日〜だった。自転車で回ってるお豆腐屋さんに鍋持って買いに行ったりしてたし。そういうの、今だったら確実にエモ消費されるんだろうな。

 

・長屋から出てきた子供が豆腐を買ってる動画、どのくらい再生されるかな。電話も電気も止まって親はバチゲンカしてたけど、貧乏ってそういうことだけど、みんなそんなことは関係なく「かわいい」「ほっこり」「こんな時代に戻りたい」って言うんじゃないかな

 

・他人の生活を消費するとき、その後ろ側まで考えきることなんてできない。ノンフィクションくらい丁寧に密着して取材して、ようやく形にできる物だと思う。わからん、あれが失礼じゃないのかもわからなくなってきた

 

・責任を持てないことはやらないほうがいいと思う。少なくとも自分はプレッシャーと天秤にかけてやめることにした

 

・自分の行動に自信があることなんて全然ない。全然ないけど、ないなりに健やかに生きていきたい。

 

・あーこれ、このまま己を省みることしかできないみたいな終わり方も自己責任論ぽくてやだな。嫌だが、自分が何かを言えるほどの確固たる意思もまだない

 

・道半ばです。探っていこう。

 

 

寝ます。

おやすみなさい

アイシールド21(4/14のモジログ)

f:id:kouji_kado:20210414003333p:plain

今日は感想を書きます。

 

・アイシールド21、全巻読破しました。本筋が読みたすぎておまけページガンガン飛ばして読んだので、近いうちに2周目もするつもりです。今度はじっくり読むぞ。

 

・いやー面白かったな。再読だけどわりと忘れた状態で読んでいて、勝負の結果もハラハラしながら見られました。簡単に勝てないところがいいな

 

・全体を通して「天才と凡才」「持つ者と持たざる者」がテーマになってるんだけど、その区分けも明確じゃなくて行ったりきたりしている。ある一面から見ると天才である人間が、他の面では得られないものがあって足掻いている。例えば主人公のセナは「小柄で気弱な少年」であり、「他の誰にも追い抜けないランナー」でもあって、その揺れが面白い。最強キャラっぽく描かれるヒル魔も、圧倒的に持たざる者側だ

 

・天賦の才を与えられたかは、個々の人間だけじゃなくチームにも当てはまる。強豪校はそれだけで優秀な選手が集まるし、対する泥門はまずチームの形ができあがるまでにも時間がかかる。泥門というチーム自体が、「ヒル魔と栗田という頭脳とパワーを持ちながら」「試合に出るメンバーすら持たない」という究極の持つ/持たない構造の中にいる。そこから、「持たざる者はどうすればいいのか」を足掻いてもがいて見つけ出していく。

 

・チームの成長という視点で見ると、アメリカ編は蛇足という意見もわかるかもしれない。クリスマスボウルまでは「みんながチームのために」戦ってきたけど、アメリカ編は(一応パンサーとのリベンジという名目はあるけど)勝利のために戦っている。最後の戦いにしては因縁が薄い感じがするのもわかる。でも、勝つための戦いに挑んでもいいんじゃないかと思う。

 

アメリカ編では、日本国内で持つ側だった選手も全員が持たざる者に引き下げられる。この漫画はどん底からなんとか這い上がる描写もうまいけど、負け知らずの人間が負けたときの描写も最高だ。阿含や峨王みたいな理不尽な才能の塊が負けてもがくところ、見たくないわけがない。それを描ききってくれるから本当に最高。

 

・トップクラスの選手には能力が及ばないキャラにもちゃんと光が当たる。地道な積み重ねが奇跡的なタイミングで光る、みたいな展開の作り方が本当にうまい。ちゃんと光が当たるし、展開としては夢見がちすぎないのがいい。いきなり無敵の技に目覚めたりスーパースターになるんじゃなくて、その人にしかできない成功を成し遂げる。雪光先輩のこととか絶対に応援したくなる。小判鮫先輩の自虐に全員がきょとんとしてるところとか、泣くよな。

 

アメリカ戦に行くメンバー選抜も熱い。桜庭は入って高見は入ってない、けど、補欠で出てくる。番場はトップ選手としてフィールドにいて、原尾はトライアウトにも出ていない。みんな違ってみんないいけど、誰かが勝つときには誰かが負けている。

 

10年前の漫画だし当時の少年漫画のノリもあるからこの漫画が特別どうこうと言うつもりはないけど、「男」「女」「本当の雄」みたいな表現周りでしんどいな~と思うところはそこそこあった。「オカマ」表現とか、今の時代にストレートに面白文脈では使わないだろうな、みたいな。

 

・今になって差し替えたりなくしたりする必要はないと思うけど、「昔はこういう表現があったんだな」くらいの認識が広まると嬉しいな。昔の漫画でヒロポンやっててもありえね~~と思うし同じことする人はいないと思うけど、「オカマ」いじりが今も面白いと思っている人はまだいるので、、、

 

・好きなキャラは番場です

 

・ハマりすぎてこの3日間生活をおろそかにしてしまった。今日は早めに寝ます。

 

おやすみなさい